記念塔病院

内視鏡センター

当院の内視鏡検査の特徴

① 最新の内視鏡システム(EVIS X1)を導入しています
② 鎮静剤を用いて寝ている間に苦痛なく受けられます
③ 病変の発見のみならず、
精密検査および治療まで可能です
④ 大腸の小ポリープはその場で切除可能です
⑤ 土曜日も胃カメラを受けられます(第2・第4)
⑥ 
エキスパートによる国内最高水準の検査・治療を提供します

内視鏡センターについて

当院では最新の機器を用いて、下記の内視鏡診療を中心に行っております。

内視鏡検査および治療に関してわからないことがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

●経口内視鏡(鎮静剤使用をお勧めします)

から高性能のカメラを挿入して、より精密な検査を行います。経鼻内視鏡で使用するカメラと比較するとやや太い(9-10mm)ため、鎮静剤の併用をお勧めしています。より詳細な検査が可能であるため、ピロリ菌感染のある方、除菌後の方、胃十二指腸潰瘍の既往のある方、早期胃がん内視鏡切除の既往のある方はとくにこちらでの検査を強くオススメいたします。欠点としては鎮静剤を使用した場合、検査後にご自身でお車を運転していただく事ができないため、ご家族などに運転していただくか、バスやタクシーなどを利用していただく必要があります。大部分の方が非常に楽に検査を受けることができますが、希に普段からたくさんお酒を飲まれる方など鎮静剤があまり効かない方もいらっしゃいます。希望があれば鎮静剤無しでも可能です

●経鼻内視鏡(通常鎮静剤なしで行います)

鼻から細いカメラ(5-6mm)を挿入して行います。鼻腔が狭い人は通過する際に出血や痛みを伴う場合や、カメラが通過できない場合もあります。鎮静剤を用いずに行う事が多いため、検査中に胃内の画面を見たり、説明を受けたりすることも可能です。希望があれば鎮静剤使用も可能です。

*当院では鎮静剤を用いた経口内視鏡検査をオススメしています。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

外来で施行可能ですが、希望者には下記の検査入院検査も可能です。

​●前泊検査(1泊2日)

検査前日に入院していただき、翌朝から下剤を服用して検査を行います。検査後に退院となりますが、もしポリープを切除した場合はさらに1泊延長も可能です。

●後泊検査(1泊2日)

検査当日にまず入院していただき、病室で下剤を服用していただきます(自宅で服用して来ていただいても構いません)。検査後は1泊病室でゆっくり休んで、翌朝退院となります。

●前後泊(2泊3日)

検査前日に入院し、翌朝に下剤を服用して検査となります。検査後も1晩病室でゆっくり休んでいただきます。

内視鏡治療

現在、当院では下記の内視鏡治療を積極的に行っております。国立がん研究センターと静岡がんセンターにおいて18年間の内視鏡治療実績がある滝沢医師が着任し、安心して治療をうけていただけます。お気軽にご相談ください。

 

早期胃がん/胃腺腫に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

●胃ポリープに対するポリープ切除術(ポリペクトミー/EMR)

●食道がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

●十二指腸腫瘍に対する内視鏡切除術(CSP/ UEMR)

●大腸ポリープ/腺腫/がんに対する内視鏡切除術(CSP/EMR/UEMR)

内視鏡担当医紹介

滝沢 耕平 (内視鏡センター長)

日本消化器内視鏡学会 指導医

2003-2007 国立がん研究センター中央病院 内視鏡部

2007-2021 静岡県立静岡がんセンター 内視鏡科 医長

2021- 札幌医科大学 客員教授

渡 二郎 (院長)

日本消化器内視鏡学会 指導医

2014-2019 兵庫医科大学 内科学消化管科 教授

 

北澤 俊治 (副院長)

日本消化器内視鏡学会 専門医

1992-1998 手稲渓仁会病院 消化器病センター

 

三井 慎也 (理事長)

日本消化器内視鏡学会 指導医

2000-2013 手稲渓仁会病院 消化器病センター

内視鏡研究会「AMBITIOUS」

2022年に内視鏡研究会「AMBITIOUS」が発足いたしました。

内視鏡センターの滝沢医師が代表を務めており、内視鏡検査に関するWEB レクチャーを毎月無料で配信しております。

アンビシャスA3.png

メディア・活動情報

2021年10月15日

消化器内科の滝沢医師がモンゴルの国立がんセンターで早期胃がんの内視鏡診断に関する講演を行いました

2021年09月01日

消化器内科の滝沢医師がAPDW(アジア太平洋消化器病学会週間)において”APDWF-JGHF Educational Grant”という賞をいただきました

2021年06月25日

韓国で開催された国際内視鏡学会 (IDEN2021)において当院消化器内科の滝沢医師が招待講演を行いました

2021年07月02日

消化器内科の滝沢医師がベトナムのフエ中央病院にて内視鏡指導を行いました

2021年07月05日

中国の無錫で開催された学会において当院消化器内科の滝沢医師が早期胃癌の内視鏡治療に関する招待講演を行いました

2021年07月30日

中国の上海で開催された学会で当院消化器内科の滝沢医師が早期胃癌の内視鏡切除に関する招待講演を行いました

2021年08月02日

静岡県で開催された研究会で当院消化器内科の滝沢医師が「臨床試験の組み立て方」に関する特別講演を行いました

2021年08月23日

マレーシアで開催された国際学会APDW2021で当院消化器内科の滝沢医師が多施設臨床試験の結果を発表しました

2021年09月20日

ベトナムで当院消化器内科の滝沢医師が「早期食道がんの内視鏡診断」に関するレクチャーを行いました

2021年10月04日

ヨーロッパ国際消化器病学会(UEG Week2021)において当院消化器内科の滝沢医師が口演を行いました

2021年10月05日

消化器内科(内視鏡センター)の滝沢医師が日本消化器内視鏡学会のFJGES (Fellow of JGES)に認定されました

2021年10月05日

滝沢医師が札幌医科大学の客員教授に委嘱されました

2021年11月22日

内視鏡センターの滝沢医師が第35回日本消化器内視鏡学会北海道セミナーで講師を務めました

2021年11月01日

内視鏡センターの滝沢医師がベトナムで内視鏡治療(ESD)に関するレクチャーを行いました

2021年11月14日

内視鏡センターの滝沢医師の記事が北海道医療新聞に掲載されました

2021年11月16日

内視鏡センターの滝沢医師が神戸で開催されたJDDW2021(日本消化器関連学会週間)の国際シンポジウムで口演しました

2021年12月03日

内視鏡センターの滝沢医師十二指腸コールドスネアポリペクトミーに関する論文がSurgical Endoscopy誌に掲載されました

2022年01月10日

当院内視鏡センター滝沢医師の記事が北海道医報(北海道医師会)に掲載されました

2022年01月28

当院内視鏡センターの滝沢医師が内視鏡検査に関する講演を行いました

2022年01月31

当院内視鏡センターの滝沢医師が北海道消化器内視鏡技師会のウインターセミナーで講師を務めました

2022年01月31

当院内視鏡センターの滝沢医師が日本消化器内視鏡学会東海支部セミナーで講師を務めました

2022年03月14

当院内視鏡センターの滝沢医師が日本胃癌学会の”西記念賞”を受賞しました

2022年04月25

当院内視鏡センターの滝沢医師が責任著者を務めた十二指腸腫瘍内視鏡治療の論文がpublishされました

2022年04月28

当院内視鏡センターの滝沢医師が中国で早期胃がんに関するWEB講演を行いました(中国全土で視聴者数2万人!)

2022年05月17

当院内視鏡センターの滝沢医師がESDハンズオンの講師を務めました

2022年05月17

当院内視鏡センターの滝沢医師が編集と務めた書籍 ”食道・胃・十二指腸ESDの基本とコツ”が羊土社より発刊されました